ガレージキット(通称ガレキ)の作り方 その2〜塗装編〜

ガンプラ講座

こんにちは、たたたです。

前回は塗装前の下準備までご紹介しました。

本日は塗装に入っていきます。

まずはこちら。フィニッシャーズのプライマーです。

ネットで色々調べたんですが、タミヤのプラサフなどはガレキに直接吹いても剥がれにくいそうです。しかし私は缶スプレーは吹き出し量が多かったりゴミが増えたりするので極力避けております。

いつものガイアのサフを吹くために先にプライマーを吹くことにしました。

透明なので変わり映えしませんが・・・笑

塗り残しがあるとマスキング後に剥がれるのでしっかり全面に拭いていきます。

続いていつものサフを。

サフを吹いたあと、下地処理が甘いところは修正しますが、パーツを削った場合プライマーまで剥がれている、と思ってプライマーからやり直します。これが結構面倒くさい・・・

プライマー→サフチェック→甘い部分の修正(削り、穴埋め)→プライマー→サフチェック→(繰り返し)→ベースカラー

という順番になります。それ以外は普通のプラキットと同じように塗装していけばOKです。

塗装については原則、隠蔽力の低い色→隠蔽力の強い色の順番で塗りたいところですが、段差があってうまくマスキングテープが貼れないようなところは段差の低い部分の色→段差の高い部分の色という順番で拭きます。


例えばこれです。

緑のセンサー部分が低くなっており、緑を先に拭いておき、緑の部分にマスキングし、周りの色を後から拭いた方がうまく塗れます。

こんな感じでマスキングします。

あとはひたすらマスキング、塗装を繰り返します!

これはオレンジ以外はマスキング、エアブラシで塗装しています。

オレンジの部分だけエナメル塗料を筆で塗りました。

カラーを塗装が終わりましたらスミ入れを綺麗にするためのクリヤーを塗装します。

スミ入れはクリヤーレッド+クリヤーブルーで赤い部分の影を表現します。

グレー、白の部分のダークグレイを調色してスミ入れします。

ここまで来るとだいぶ仕上がってる感が出て来ますね!

この後はいつも通りデカール→クリヤ塗装(つや消しトップコート)→金属パーツ取り付けです。

次回は組立編です!

もう少しなので頑張ります・・・。

   


コメント

タイトルとURLをコピーしました